どうやったらなれる?保育士免許の取得方法について!

保育士免許の取得方法って?

保育士は国家資格のひとつであり、保育士になるためには資格を取得する必要があります。その方法は大きくわけて2種類あります。まず、大学・短大・専門学校で保育士になるための課程を受け卒業する方法です。こちらの方法では卒業すれば確実に保育士の資格を得ることができます。また、一般の大学・短大・専門学校を卒業した人、あるいは児童福祉施設で一定の実務経験を積んだ人が保育士試験に合格することでも資格を得ることができます。

どちらの方法がお勧め?

保育士の育成を目的とした学校を卒業するまたは保育士試験に合格することで保育士になれるとお伝えしましたが、どちらの方法がお勧めでしょうか。もちろんこれは人によります。例えば現在高校生で進学が可能かつ将来保育士になるという意思が明確であるなら学校に通学することで卒業と同時に資格を得ることができます。しかし、例えば児童福祉施設で働いている人のように日中忙しいのであれば通信教育などで勉強しながら保育士試験の合格を目指すのが良いですね。

保育士試験の内容について

保育士試験の内容は大きく分けて筆記と実技に分かれています。8科目の筆記試験全てに合格した人だけが実技試験に進むことができるようになっています。筆記試験はマークシート式で合格点は6割とされています。一度に8科目全て同時に合格しなければならないわけではなく、一部の科目だけ合格した場合翌年、翌々年は合格した科目の筆記試験を免除することができます。つまり、最長3年間で8科目を合格すればいいのです。実技試験は音楽、造形、言語、一般保育から指定された3科目のうち2科目を選びます。大抵の場合は音楽、造形、言語の3科目が指定されます。

女性の社会進出をサポートするために保育園は不可欠です。特に都市部では民間企業が開設する保育園が増加しています。それだけに保育園での求人は常にあるのです。