仕事と子育てを両立する女性が利用できる支援について。

保育園の利用ができる。

最近は、結婚しても出産後でも仕事を続ける女性が増えましたが、特に子どもを出産した後、仕事を続けたいなら子どもを誰かに預ける必要があります。自治体や自治体の支援を受けた民間の団体などでは、そのような女性を支援すべく、さまざまな事業を行っています。まず、普段女性が仕事をする上で子どもを預けられる施設として保育園があります。保育園は自治体が運営しているところと、自治体の支援を受けた私立保育園などがありますが、ニーズによって遅い時間まで延長保育をしたり、日曜日や祝日の休日保育をしていたりして、より子育てをしている女性を支援できるようにしています。

ファミリーサポートの利用ができる。

ファミリーサポートとは、自治体がメインとなって行っている事業で、会員になった者の間で子どもを預かったり預けたりすることのできるものです。研修を受けた会員に、急な仕事が入ったり、子どもが病気で保育園に行けない時などに、個別で子どもを預かってもらうことができます。仕事をする女性が、緊急時のことを考えてファミリーサポートの会員登録をしておけば、急に会社を休む必要もなく、子どもを預かってもらうことが可能です。

病児保育の利用ができる。

病児保育とは、病気で保育園に行けない子どもを専門に預かる施設のことです。多くの場合が、自治体から支援されたり依頼された病院などが開設していることが多く、その病院で医師の診察を受けてから利用できるところが多いです。急に子どもが病気になった時に休めるような勤務先がなかなか見つからずに、仕事を始めるのをためらっている人もいるかもしれませんが、そのような施設があれば、安心して子育てしながら仕事をすることが可能です。

シングルマザーの仕事探しには、子どもの保育園との時間の兼ね合いが必要となります。資格を持っていれば就職もしやすく、時短で働いても収入も安定しています。